JOB-CUBE 求人情報の設定

求人情報の設定項目

JOB-CUBEの求人情報の設定

1 求人登録上限

1企業が同時に登録できる求人件数です。
制限しない場合は0を設定してください。

JOB-CUBEの求人情報の登録上限
 

2 管理者認証

チェックした場合は登録時または編集時に管理者が許可を出すまで求職者には公開されません。

設定画面

JOB-CUBEの求人情報の管理者認証

企業から見た求人登録画面 管理者認証が有効になっている画面

JOB-CUBEの求人情報の管理者認証
 

3 登録情報編集通知

チェックした場合は登録情報が編集が行われた際にメールで通知します。

送信されるメールの内容の変更は、以下のメールテンプレートの記述変更で行います。

template/pc/other/mail_contents/job/MailEditNotice.txt
 

4 フィード作成

登録情報が更新された際にフィードを生成します。

 

5 ページビュー

各求人情報の詳細ページでページビュー(PV)のカウントを行うかどうかの設定と、
PV数の公開範囲を指定する事ができます。

PVは未ログイン状態のユーザ、求職者ユーザが詳細を閲覧した際にカウントされますが、
同一IPからの5分以内のアクセスはカウントされません。

また、システムの仕様としてPV数は累計アクセスのみ記録されます。

 

6 会員関連:求人閲覧

求人情報を未ログイン時でも閲覧可能か会員のみに公開するか選択できます。
求人毎の設定すると、求人企業が自由に選択可能になります。

企業から見た求人登録画面 求人毎が有効になっている画面

JOB-CUBEの求人情報の管理者認証
 

7 会員関連:会員限定求人

未ログイン時でも求人一覧では会員限定求人を閲覧できるように設定ができます。
「表示する」の場合は未ログイン時でも求人一覧では会員限定求人を確認できます。

あわせて、 会員限定の求人情報の閲覧制限 の内容もご確認ください。

 

8 会員関連:応募受付

未ログイン時でも求人に応募できるかどうかを設定できます。
「応募不可能」の場合は会員登録を行わないと応募できません。

JOB-CUBEの求人情報への応募制限
 

9 会員関連:検討中リスト

未ログイン状態でも検討中リストの利用が可能かどうかを設定できます。
「利用可能」の場合は未ログイン状態でも検討中リストが利用出来ます。

「利用不可能」の場合はログイン前の画面のヘッダーにある「検討中リストを見る」リンクも表示されません。

「利用不可能」の設定にしている例

JOB-CUBEの検討中リストの利用制限
 

10 検索条件:勤務地

求人情報の検索フォームの勤務地の項目の設定です。
「求人があるものだけ表示」の場合は求人が存在する勤務地のみ選択肢として表示します。

11 検索条件:最寄駅

求人情報の検索フォームの最寄駅の項目の設定です。
「求人があるものだけ表示」の場合は求人が存在する最寄駅のみ選択肢として表示します。

12 トップページ:地域から探す

トップページの「地域から探す」の領域に、
全てのエリアを表示するか、求人が存在するエリアだけを表示するか、表示自体しないかを設定できます。

  • 【表示範囲】が【全国】場合は都道府県と共に地図が表示されます。
  • 【エリアを指定】の場合、そのエリアの都道府県が表示されます。
  • 【都道府県を指定】の場合その都道府県の市区町村が表示されます。

特定のエリア、都道府県に特化した求人サイト運営に役立てて下さい。

 
【全国】を指定した場合の表示
JOB-CUBEの地域から探すの表示設定
【すべて表示】を選択し【エリアを指定】で関東を指定した場合の表示例
JOB-CUBEの地域から探すの表示設定
【求人があるものだけ表示】を選択し【都道府県を指定】で滋賀県を指定した場合の表示例
JOB-CUBEの地域から探すの表示設定
 

13 トップページ:雇用形態から探す

「雇用形態から探す」の領域に、
全ての雇用形態を表示するか、求人が存在する雇用形態だけを表示するか、表示自体しないかを設定できます。

雇用形態の変更は、 カテゴリー メニューから行なうことができます。

 

14 トップページ:職種から探す

「職種から探す」の領域に、
全ての職種を表示するか、求人が存在する職種だけを表示するか、表示自体しないかを設定できます。

職種の変更は、 カテゴリー メニューから行なうことができます。

 

15 トップページ:特徴から探す

「特徴から探す」の領域に、
全ての特徴を表示するか、求人が存在する特徴だけを表示するか、表示自体しないかを設定できます。

特徴の変更は、 カテゴリー メニューから行なうことができます。

16 トップページ:集計

「xxxから探す」で表示される該当求人件数の集計タイミングです。

「リアルタイム集計」を選択した場合、表示時に集計を行うため正確な件数が表示されますが、 求人の件数が多くなるとページの表示に時間がかかるようになります。

「事前集計」を選択した場合、事前に集計を行っておくため実際の件数とは齟齬がでる場合がありますが、求人件数が増えても高速に表示されます。

「事前集計」はcronの設定を行わないと利用できない機能となります。

■cronの設定
[phpのコマンドパス] [cron.phpのファイルパス] countUpdate
1時間に1回程度実行するようCRONを設定してください。
例)/usr/local/bin/php /var/www/html/cron.php countUpdate 0 * * * * 
 

17 トップページ:表示

「後から表示」を選択した場合、トップページを一旦表示した後に「地域から探す」などの表示を始めます。
「リアルタイム集計」を選択している場合にトップページの表示に時間がかかるようになったら選択して下さい。

 
 

JOB-CUBEの操作マニュアルトップに戻る

 
トップ   編集 凍結 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS